2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

阪急京都線リベンジ 淡路駅・梅田駅

 【17//2017】

前回のつづき。


阪急最大の車両基地のある正雀駅を訪問し次は淡路駅にやってきました。
DSC03568_convert_20161222033250.jpg



2面4線のホームには京都線と千里線の接続があり終日乗り換え客で人の波が絶えません。
DSC03567_convert_20161222035114.jpg


列車を見送った後の線路が2つありましてまっすぐ行くと梅田
左に曲がると天神橋筋六丁目まで千里線でその先から地下鉄堺筋線となり
南海本線の接続がある天下茶屋まで向かいます。
DSC03569_convert_20161222033227.jpg


とそこへ茨木市から摂津市まで乗った未更新の66系がやってきました。
天神橋筋・近鉄の接続駅である日本橋と繋がってる堺筋線は阪急京都線
相互乗り入れしてる関係で地下鉄線でも阪急電車が見れる楽しさを今回味わうことが出来ました。
DSC03572_convert_20161222040527.jpg


2014年以来2年2ヶ月ぶりにここに降り立った本当の理由は
高架化工事の進行状況を自分の目で確かめることでありましたが
目の前には二重層式高架の建物の一部が出現してました。
が2017年度末に切り替えるはずがなんと用地買収が大幅遅れて
7年先になるというのです。ということは最速で2025年春まで先延ばしということです。
2019年春ごろには10年遅れでおおさか東線がやっと全通されますが
全体完成が2027年度末=2028年春となるので後10年以上かかるということで
責める気持ちは全くありませんが何があったのか気になります。
DSC03570_convert_20161222040458.jpg
DSC03571_convert_20161222035137.jpg


淡路駅はとりあえずここまでにして次の列車に向かいます。
DSC03573_convert_20161222043414.jpg


がこの辺りからそれまでに蓄積した疲労が一気に出始め梅田を目の前にして
シートに座るとそのまま寝てしまいました。
DSC03575_convert_20161222044651.jpg


途中どこかで降りようか考えたものの気が付いたら梅田に着いてました。
DSC03576_convert_20161222050850.jpg


みなさんご覧下さい。
阪急梅田駅のホームはまさしく日本一の私鉄ターミナルの名に
相応しい広さがあり見てるだけで圧巻でした。
DSC03578_convert_20161222050924.jpg



目の前から烏丸からいくつかの駅を経て来た京都線
真ん中が宝塚線一番奥の3線が神戸線と3線が乗り入れてます。
DSC03579_convert_20161222055756.jpg


疲れはあるもののここでも高槻市同様阪急電車撮影大会が行われようとしてました。
DSC03581_convert_20161222051442.jpg


神戸線には最新車両1000系が停車中でした。
PMSMという次世代インバーターを搭載してる車両ですが
鉄道会社によってSic炭化ケイ素を採用したりと今後両者が主流になりそうな予感がします。
DSC03582_convert_20161222061401.jpg



宝塚線の5000系はスカートがついておらず原型車の面目を保ってるようですね。
DSC03590_convert_20161222053918.jpg


阪急創立80周年に登場した8000系はいくつか見ましたが編成番号のついてる位置が異なり
上の写真がリフレッシュをしたのかわかりませんがほかの車両のリニューアル車を見てるようでした。
製造期間が長いとこうした小さな変化を見つけるのも鉄道写真の楽しみですね。
DSC03589_convert_20161222053818.jpg
DSC03584_convert_20161222053852.jpg


この週末は3連休の初日で家族連れの人達も阪急電車に乗り記念撮影。
子供達も将来同じように連れて写真を撮るでしょうねきっと。
DSC03586_convert_20161222053715.jpg


千里線の終着駅である北千里行きは3300系でした。
俺も今回含め幾度かお世話になった車両です。
淡路から北千里間は未乗車ですがまだまだ乗ったことない阪急電車の制覇は
今後乗れることを期待しましょう。
DSC03593_convert_20161222054224.jpg



京都線側には阪急そばがありました。
高槻市で昼ご飯を食べたので機会はありませんでしたが
看板は阪急のマルーン色をベースとしてます。
私鉄界の立ち食いうどんの西の横綱といわれるだけの風格を漂わせています。
DSC03592_convert_20161222054008.jpg



自動改札の台数といい本当に規模が違いまして東京駅や新宿駅でも
ここまでずらーっと並んでる姿はなかなか見ず
名古屋でも改札が分散されてるのでほとんど見ません。
DSC03591_convert_20161222054136.jpg

DSC03596_convert_20161222054317.jpg



構内には阪急百貨店が入ってます。
エントランスの造りを見ても阪急らしく品がありますね。
創設者の小林一三が様々な事業を展開し今日に繋がるライフスタイルを創像し
私鉄経営のビジネスモデルを創ったことで有名です。
DSC03598_convert_20161222054353.jpg



最後の方で疲れが出てベンチで少し寝てしまいましたが・・・(滝汗)
1年2ヶ月前のリベンジはひとまず果たせた充実感を胸に阪急京都線の旅は終了しました。
DSC03599_convert_20161222054410.jpg


つづく。




ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: 阪急

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 阪急 京都線 神戸線 宝塚線 大阪府 梅田

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

こんばんは。

阪急京都線の旅、お疲れ様でした。

梅田駅は全国トップレベルの偉容、ということでしょうかね。
関西私鉄では、南海難波と近鉄大阪上本町も規模が大きいですが、
阪急梅田には及ばないかなあ。

関西の立ち食い店では、阪急そばと南海そばが一般的には人気ですね。
個人的には、近鉄の「○○庵」やJR西日本系の麺家の方が好きですが。

そう言えば、ネーミングに心惹かれて、神戸高速線新開地駅の
「高速そば」まで、わざわざ食べに行ったことがあります。
今年は目の前まで行っておきながら、腹一杯で引き返してしまいましたが。

Posted at 23:31:01 2017/01/17 by ふぐにさん。

Comments

Re: タイトルなし

ふぐに さん

こんばんは。
いつもありがとうございます。

いえいえ。最後の方で疲れが出て訪問したい駅がありましたが
寝落ちしてしまいましたが訪問したかった駅は次の日に行きました(汗)

私鉄の中では全国トップレベルで南海なんばや近鉄大阪上本町も
大きなターミナルですが阪急梅田の雰囲気は一番で
ホームの雰囲気といい阪急らしく洗礼されてるようでした。

実際入る機会ありませんでしたが阪急そば食べて見たかったです。
JR西日本の麺家は年末年始の18旅の帰りに大阪駅のお店でうどん食べました。
神戸高速線の新開地の「高速そば」のネーミング気に入ってます。
新開地に行かれたお話楽しみにしてますね。

Posted at 22:14:26 2017/01/18 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks