2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

神戸電鉄 山の街駅

 【31//2017】

前回のつづき。


滞在時間30分ほどで切り上げ11:40発の三田行きに乗ります。
この日初めて5000系に当たりましたが鈴蘭台ではまさかの強い雨が降りました。
この先訪問する駅では雨は弱まるか運よく止むかわかりませんが先へ向かいます。
DSC03829_convert_20170109091137.jpg



発車してすぐ粟生線と別れます。
粟生線も先日3月に行われるダイヤ変更で日中の列車の見直しの発表があり
それまで15分毎だった志染ゆきが30分に1本となり粟生線の現状の厳しさを知らされました。
元ネタはこちらです↓
http://www.shintetsu.co.jp/release/2016/170113.pdf
DSC03830_convert_20170109091151.jpg


鈴蘭台出てからも険しい登り勾配は続いてました。
DSC03831_convert_20170109091313.jpg


ところが北鈴蘭台を過ぎると今度は急な下り勾配が待ってて
目まぐるしくかわる神鉄の風景に魅力を感じる自分がいました。
DSC03834_convert_20170109091330.jpg



5分後に山の街駅にやってきました。
DSC03836_convert_20170109090909.jpg


対面式のホームは利用状況に合わせてかわかりませんが
上屋の長さが異なり俺がこれから向かう有馬・三田方面は駅舎寄りに少しだけあるのみです。
DSC03840_convert_20170109091507.jpg



着いた直後5000系新開地行きがやってきました。
さっきまでいた鈴蘭台までは登っていき湊川までは急な下り勾配が待ってます。
DSC03837_convert_20170109091632.jpg


ここにも鵯越で見た造り付けの長椅子がありました。
神戸電鉄の名の通り大都市神戸に位置しながらどこかローカルな香りを出してますね。
DSC03842_convert_20170109091721.jpg


両ホームとは構内踏切で繋がり古びた駅舎が出迎えてくれます。
DSC03843_convert_20170109091749.jpg


駅員無配置の無人駅のはずなのに予約定期取扱窓口があります。
これは時期限定なのか曜日限定なのか気になりますね。
DSC03847_convert_20170109091856.jpg


鈴蘭台・北鈴蘭台が北区のニュータウンに相応しい近代的な駅舎ならば
こちらは昔からあるローカル鉄道の建物が建っています。
計画段階で色んな駅の駅舎の写真を見てここと鵯越は狙ってました。
駅名看板も昔ながらの年季が入ってるのもいいですね。
DSC03850_convert_20170109092036.jpg
DSC03851_convert_20170109092209.jpg


駅の窓口跡隣には神鉄運営の餃子屋さんがありますがこの日は定休日でした。
DSC03848_convert_20170109092001.jpg


駅前の踏切先の線路には50‰のサインがありました。
DSC03852_convert_20170109091436.jpg


この先は北鈴蘭台を出た直後にあった急な下り坂が待っています。
標高315mに位置し神戸市北区の住宅街が連続する場所ながら
山岳鉄道の顔を持つ神鉄の真骨頂がここにあります。
DSC03854_convert_20170109092229.jpg



ホーム側から見ても木造のシルエットがいい味出してるのがわかりますね。
神鉄の旅でお気に入りになった2つ目の駅が誕生しました。
DSC03856_convert_20170109091357.jpg


15分経ち次の列車に乗ります。
この先の急な下り勾配を行き来する列車の様子をいつか見に行きたい位この駅も気に入りましたが
いつの日か来る再訪問までとっておきます。
DSC03858_convert_20170109091343.jpg


つづく。




ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: 神戸電鉄

Theme: 鉄道の旅

Genre: 旅行

Tags : 神戸電鉄 神戸市 有馬線 急勾配

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

おとぎ話

2008年に神戸電鉄の旅をした時に私も「山の街駅」で下車しました。
おとぎ話に出てくるような、名前の駅名と、大きな駅名標と黄色のビニール屋根の取り合わせに、ますます夢のある駅だと感じさせてくれます。

Posted at 21:44:06 2017/01/31 by yume

Comments

こんにちは。質問ですけどブログ読ませて貰いました…。身近なものにちなんで山の街駅にならって川の街駅とか樹の街駅みたいな感じであるんでしょうか?

Posted at 12:42:49 2017/02/01 by いさむ

Comments

Re: おとぎ話

yume さん

こんばんは。
返信遅くなってすみません。

木造駅舎に昔の駅名板が残ってて昔の私鉄駅の佇まいが残ってました。
近鉄・名鉄で見るビニール屋根がまたいい味を出してますね。

Posted at 04:40:43 2017/02/02 by burning s

Comments

Re: タイトルなし

いさむ さん

こんにちは。

そうですねぇ。
身近なものとはいえ川の街・樹の街という駅はなかったと思いますね(多分・・・)

Posted at 07:55:55 2017/02/02 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。