2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

阪急電車 中津駅・梅田駅で終幕

 【12//2017】

みなさんこんにちは。
この週末は旅をしてまして京都市内に滞在してます。
今日はいつか行きたいといい続けていた京阪大津線と浜大津駅に行きますが
天気予報も雪マークがつき実質的2017初旅は波乱が起きそうな感じがします。



というお話はここまでにしまして
スルッとKANSAIパスの旅最終回。最後に訪問したのは中津駅であります。
DSC04034_convert_20170123103916.jpg



夕方6時を過ぎ9月半ばのこの時期にして日の入りが迫ってる中やってきました。
DSC04038_convert_20170126020533.jpg

幅の狭いホームに数分ごとに列車が通過したり停車したりと見応えありますね。
DSC04036_convert_20170126022717.jpg



マルーン色の車両が目まぐるしく通過していく姿は見てて楽しいです。
DSC04035_convert_20170126022732.jpg



特急・急行は一切停まらず普通だけ停車します。
という隣では列車が通過し目の前に迫った梅田に向かっていきました。
DSC04037_convert_20170126033400.jpg



それにしても数分おきに通過するのでカオスの中にいるようですね。
明るい時間帯に来てればまた違った表情を見ることが出来たでしょう。
DSC04057_convert_20170126033732.jpg



一番右側に京都線が走ってますがホームはありません。
実のこと言いますと前日京都線から梅田に向かう途中立ち寄る予定でしたが
御存知のとおり・・・爆睡してしまい(どアホ・爆)そのまま終点まで行ってしまったのです。
DSC04042_convert_20170126033620.jpg


ホームがないことをいいことに準急・各駅停車の列車も「俺達は中津に停まらへんでぇ」と
言わんばかりにあっさり通過していきました。
DSC04043_convert_20170126033636.jpg



三路線が走ってますが出口はこの一か所しかありません。
DSC04055_convert_20170126033747.jpg



狭いスペースに場違いな自動改札機が並んでる姿はアンバランスな雰囲気でしたが
人の気配がなく閑古鳥が鳴いてるようでした。
DSC04045_convert_20170126033806.jpg


入口の看板は良く言えばレトロ、悪く言えば古びていましたが
目の前の居酒屋の看板がこれまたいい味だしてるんです。
DSC04054_convert_20170126034336.jpg


高架下の小さな個人店が並んでる佇まいにどこか昭和の懐かしき香りが残ってるようで
規模こそ敵わないものの鶴見線の国道駅の風情ある雰囲気を思い出しました。
が2010年代も後半から終盤に向かおうとしてる現在どことなく取り残されてる感が否めませんね。
DSC04051_convert_20170126035437.jpg


十三はアーケードがあって雨でも心配いらずでしたがここはそうはいきません。
止まない雨がより寂しさを倍増させスルッとKANSAIのパス旅が
これが本当の終わりになってしまうのかという悔しさもあり本当堪えました。
DSC04052_convert_20170126045057.jpg



阪急の鉄橋と交差してるのは新大阪から淀川を渡り大阪駅へ向かわない列車が通る梅田貨物線です。
この場所から見るのは初めてでしたが特急くろしおもはるかも見れなかったのが残念です。
DSC04053_convert_20170126045221.jpg








神戸線ホームからは高層ビルの一部がここから見ることが出来ます。
梅田には近く途中の茶屋町なんかは徒歩圏内のような感じがしますね。
DSC04056_convert_20170126050620.jpg



別の所に目をやると梅田の高層ビルの一つ空中庭園のある梅田スカイビルが見えます。
展望台からは大阪の風景が一望出来淀川鉄橋を往来する阪急電車の様子も見れますが
高い所が苦手な俺にとって室内から見るならまだしも完全な外となると足がすくんでしまいそうです(泣)
がファインダー越しから撮ろうと決めたら別人のようにバシバシ撮ってるかもしれませんが果たして・・・。
DSC04048_convert_20170126045302.jpg


滞在時間20分弱で阪急電車の旅で恐らく?一番行ってみたかった駅と
次の訪問までの別れを惜しみ最後に乗る列車がやってきました。
DSC04058_convert_20170126050643.jpg


1キロもなくすぐに終点梅田に1日ぶりに戻ってきました。
いつもなら三宮から阪神電車で戻るんですが今回は阪急京都線に乗り
グループ社の神鉄・北神急行も乗ったので締めは阪急にしました。
DSC04060_convert_20170126052242.jpg


神戸線のホームには21世紀に入って登場した9000系と最新型の1000系が仲良く停まってました。
運がいいことに三宮で見た神戸高架化80周年HMがついた編成をもう一度見れてうれしかったです。
三宮の前後の阪急電車の駅も時間作って訪問できる日を楽しみにしたいです。
この所初物ばかり入るので1度旅して振り返る時次乗る時
ここ行きたいと貪欲かつハングリーになる自分がいました。
DSC04062_convert_20170126052317.jpg

DSC04065_convert_20170126060540.jpg



外に出たら涙を流してるように見える秋雨の中駅入口を見て俺はこう言いたかったです。
「ありがとう、誇り高き孤高のマルーン電車よまた会おう!」
またの訪問を楽しみにし21:00の近鉄特急で帰りました。
DSC04066_convert_20170123103943.jpg



2日間振り返って阪急電車と神戸電鉄がほぼ独占してましたが
以前総集編の中で阪急京都線リベンジと神鉄に乗りたいと話してたのが実現できたものの
どうにもならん雨で道半ば谷上駅で北神急行で引き返した悔しさを晴らすのと
いつ廃止になってもおかしくない粟生線乗車を実現させたいです。
それよりもスルッとKANASAIパスの販売終了は本当に痛恨の極みですが
在阪の各私鉄の旅はこれからも続けていきたいですし
悔しいですが各社のフリーパスを掘り起こしながら続けることを胸に秘めお開きとしたいと思います。

いつものように最後までのおつきあいありがとうございました。

おしまい。


ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: 阪急

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 阪急 大阪府 梅田 マルーン電車

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。