2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

西武池袋線 大泉学園駅

 【23//2017】

前回のつづき。


練馬を出てから池袋線は複々線区間を走っていきます。
DSC04676_convert_20170223060029.jpg


シャッタースピードの関係でLEDが切れてますが・・・(汗)
行先には新木場らしき表示がされてたと記憶しています。
有楽町線は小向竹原から池袋を経て文字通り東京駅手前の有楽町を通り
東京ベイエリアの一角豊洲・新木場へ向かいます。
DSC04677_convert_20170223060044.jpg


石神井公園(しゃくじい)駅で優等列車の連絡を行うため数分ほど停車します。
DSC04681_convert_20170223060101.jpg


屋根を支える支柱は独特の形状でいつか旭川駅で見たのを思い出しました。
白い柱の数々が木のようにみえ独創的な造りをしてるように見えます。
DSC04688_convert_20170223060314.jpg



ホームの向こうには駅前の様子が見れてガラスを多用した
開放感ある駅という印象が強く高架化されそんなに時間は経ってないので真新しいです。
DSC04683_convert_20170223060117.jpg



東京メトロ10000系による快速急行Fライナーがやってきました。
東急・副都心線・西武と3社相互の直通列車で東急では特急と表示されますね。
西武鉄道では明後日25日に新型車両40000系デビューに合わせ
座席指定制のS-TRAINが登場しますがどんな風を吹かすのか楽しみです。
DSC04686_convert_20170223060201.jpg



練馬駅から始まった複々線区間はここまで。
向こうには引き上げ線がありおそらく当駅始発の列車専用と思われます。
池袋線は再び複線に戻ります。
DSC04689_convert_20170223060220.jpg


次にやってきたのは大泉学園駅であります。
DSC04699_convert_20170223061443.jpg



島式のホームにはこれからお出かけに出る人達が列車を待ってました。
DSC04696_convert_20170223062740.jpg


屋根を支える支柱には古レールが使われてます。
ストレートな鉄柱が多い中再利用されることはエコにもなりますね。
DSC04697_convert_20170223073654.jpg
DSC04698_convert_20170223073754.jpg



めぐってる最中もいろんな列車がやってきて武蔵小杉行きがやってきました。
東急東横線とJRの乗換駅で終日人の波が激しいというのは聞いたことあります。
渋谷-代官山の1区間だけで終わったので東急の御礼電車旅も計画しなければいけませんね。
DSC04703_convert_20170223075131.jpg


午前中こちらは逆光でしたがレッドアロークラシック色が回送列車で通過しました。
富山地鉄に一部の車両が活躍している先代の色を復刻した色に会うことができまして
池袋駅同様俺の持ってる感、ラッキー感がここでも出ました。
DSC04704_convert_20170223075149.jpg


DSC04711_convert_20170223080836.jpg


ここ大泉学園はアニメの街としても知られアニメーション製作所が立地して
銀河鉄道999に出てくる車窓のモニュメントが立ち名誉駅長に赴任し
発車メロディーもゴダイゴの銀河鉄道999をアレンジされたものが使われてます。
DSC04716_convert_20170223082433.jpg


広告には池袋で見た20000系銀河鉄道999デザイン列車の記念切符の案内がありました。
謎の美女メーテル側を見ましたが反対側はさっき出てきた車掌です。
DSC04712_convert_20170223080909.jpg


南北を自由通路で結ぶ橋上駅。北口は目の前に道があり広場もなく狭さは否めません。
DSC04715_convert_20170223082417.jpg



駅前のビルが並んでますがこの日も旅行日和の清々しい青空。
先月の三岐鉄道同様素晴らしい快晴の下旅は続いていきます。
やっぱりこうゆう天気じゃないと気持ちも乗ってきませんからね。
DSC04714_convert_20170223061458.jpg



何故この駅を訪問したかったのかと言いますと俺の好きなテレビ番組
水曜どうでしょう「東京ウォーカー」で羽田空港から大泉さんが行きたい行くという企画でしたが
羽田空港脱出から雨の中歩き浅草まで行きホテルの一室で降板宣言出したりと
全盛期の罵倒合戦(爆)まで行かないもののD陣との(藤やん)揉めあいと面白い企画でした。
Screenshot_2017-03-21-10-49-51_convert_20170323001344.png


どうでしょう班が1998年2月に降り立った場所は現在ペデストリアンデッキが設けられ
当時の雰囲気に会うことは出来ませんでしたが彼らがいた場所に足跡を残すことが出来
どうでしょうゆかりの地めぐりに1ページを載せれた喜びをかみしめ次の場所へ向かいます。
DSC04713_convert_20170223082358.jpg


本日のNikon D7200。
DSC_0034_convert_20170307062330.jpg



つづく。




ランキング参加してます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事

Category: 西武

Theme: 鉄道旅行

Genre: 旅行

Tags : 西武 東京都 練馬区 水曜どうでしょう

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

こんにちは。

999のデザインが復活していたのは知りませんでした。
ずいぶん前に江古田かどこかで車掌さんのデザイン
のやつを見かけましたが、車両が違うこともあって、
今回の方がすっきりした印象を受けます。

レッドアロークラシック、これ見ると何かテンション上がりますね。
ご好運でしたね。

「東京ウォーカー」は、やや地味な存在な気もしますが、
個人的には好きな企画で、後の大罵倒合戦の片鱗のようなものが伺えておもしろかったですね。

その名前に魅かれて行ってみたものの、結局何にもなくてそこで終わりというのも、らしくてよかったかな、と(笑)。

Posted at 17:51:59 2017/03/23 by あいあんさいど

Comments

Re: タイトルなし

あいあんさいど さん

こんにちは。
いつもありがとうございます。

今回初めて見たんですがデザインも良さそうで
先代の999デザインは知らないものの車両が違うだけで印象が変わると思いますね。
はい。まさかのレッドアロークラシックが来ておいしい所いただきました(笑)

東京ウォーカーは前後の企画からすると地味ですが予兆の雰囲気があり
この先の大泉さんと藤やんの言い争いの(罵倒合戦・爆)始まりのようでしたね。
オチは何もなく終わりなのはどうでしょうの旅らしく僕の旅記録と
どことなく通ずるものがあります。

Posted at 14:55:36 2017/03/24 by burning s

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks